いい大人。

ある会議が終わった後、数人で雑談していたの。

会議中に質問でないし、

関心なさそーな雰囲気が漂っていたので

人は他人の意見を聴くとき、

どんな事を思い巡らせているかが話題になった。

ある男性曰く、

発言している人は、自分より立場が上か下か

議論に勝つか負けるかを考えているー。

と言った。

うーん?

びっくり、ポン!!

内容ではないんだぁ。

中身ではなく、そこ?

目的を達成するためにどう進めるかではなく?

それじゃあ、いい大人が集まっている意味なくないか。

意見交換、情報交換は意義あるしっ!

そもそも、上とか下とか、勝つとか負けるとか

意見交換には不要だしっ!

むーーーーーーーーーーん怒りふつふつ

あっ、

もう少しで、

間違ってるとか、正しいとか

すべきを言いそうになったわあぶなっ

長年の考え方が、まだまだ取れませんわ(笑)

上や下、勝か負けるのにこだわる、心をね、

心の中には

自分を認めて欲しいが出てくるかなぁ。私の見方ね

この前提だと

こんな図式になるのかなー。

認められた証上

認められた証勝

証ってなんだろう。

他人の評価を気にするので、その証が欲しい。

自分で自分をきちんと認めてあげると

上も下も

勝つも負けるも

ほんと、どうでもよくなるわ。

何より、楽ちんだしね〜()

最近、楽ちん!

みんな、早く楽ちんになろう!

楽しいよ。

心理カウンセラー

さいみん。

私がプロデュースしたカフェ京都

広告を非表示にする